コッツウォルズの亜麻畑

コッツウォルズの亜麻畑

2018年3月21日水曜日

ツタは手入れをすれば素晴らしい植物


雑誌ガーデナーズワールドの最後のページに、ガーデナーズワールドの総合司会も以前勤めた人気ガーデナーのアラン・ティッチマーシュ氏が記事を連載しています。

3月号ではツタについて書いています。



 『ツタは見せたくないものを隠してくれ、グランドカバーにもなります。常緑で冬の庭では見所にもなります。濃い緑色で艶のある葉は光を反射し、白やクリーム色などの斑入りもあります。
 また、ツタはワイルドライフにとっても役立つ植物です。鳥の巣がつくられたり、蝶が育つ場所だったりするのです。
 ただ、ツタは木の幹や枝を伝って登っていく性質があります。木につかまるための根を出しますが、木から栄養を奪うことはありません。幹や主な枝にとどまっている限りはあまり問題はないのですが、枝先まで登っていくと大変な問題を起こします。枝先に出るとジキルとハイドのように豹変して、葉の形も変わり花を咲かせて実をつけ、アメーバのように急速に成長して、登ってきた木から光を奪い、旺盛な成長で重量が増し、最後は枝が折れて地面に落ちてしまうのです。ハンプトンシャーの私たちのまわりにある生垣にはそういう破滅的な状態がたくさん見られ、特に冬の間に多くて、毎日のように道をふさぐツタの塊を取り除くのが大変です。でも、生垣のツタを誰が管理してくれるでしょう。何ともしようがありません。
 庭ではツタが脚立で届く高さ以上に伸びないように剪定して管理するのが良いでしょう。そうすればワイルドライフのためになり、しかも大切な庭木をだめにすることもないでしょう。』





2018年3月11日日曜日

今年もガーデナーズワールドの放送がいよいよ始まりました~


10月末で終わって、冬の間はお休みだったイギリスの人気テレビ園芸番組のガーデナーズワールドがまた戻ってきました。
いつもどうり金曜日のプライムタイム、3月8日から今年の放送が始まりました。
総合司会のモンティー・ドン氏の自邸の庭、ロングメドーからの放送です。


うっすらと雪が積もった庭からモンティが愛犬と一緒にご挨拶です。


そして彼の今年の計画を披露しました。もともと温室のあった場所に、パラダイスガーデンをつくるというのです。


彼は昨年イスラム文化圏の庭園をめぐって取材し、今年の1月にBBCで放送されています。
スペインのアルハンブラ宮殿を始め、モロッコやイランなどを訪れています。


次にウエストミッドランドのウルヴァーハンプトンに住むご夫妻が作った庭の紹介です。
昨年の夏の取材のようです。


美しい芝生とボーダー花壇がいかにもイングリッシュガーデンです。


石とレンガで造られた廃墟もとても素敵です。


ご夫妻は訪日もされて日本庭園に魅了されたようで、日本風?の東屋をつくり、


竹を植えて、小川に橋を掛けているところは、確かに日本庭園風です。


植物の紹介もありましたが、興味深かったのはヤマゴボウ(西洋ヤマゴボウ)の紹介でした。ヤマゴボウといえば野原や道端にある雑草のイメージですが、こうやって庭に植えてきれいに管理してあるととても美しく見えます。その美しい実や根は有毒で注意が必要ですが、まさか本場のイングリッシュガーデンで栽培されているとは、驚きました。




レギュラー出演のアダム・フロスト氏は、日当たりが悪くて狭い庭でどうしてよいか困っているお家を訪ねて、リフォームの相談に乗ります。
テラスの石板ははデコボコになって使いにくく、とても陰気な印象の庭です。



さっそく彼はデザインを開始、


それに沿って、日陰でも育ちやすい、ツルアジサイ、クリスマスローズなどを植え付け、
石板も明るい色のもので敷きなおし、一部は明るい色の砂利をいれて、とても明るい感じになってきます。


出来上がりをみて、とても喜ばれる依頼者・・
ビフォーアフター的な内容で、とても参考になると思いました。



モンティは自邸の庭で木立性のバラの剪定です。剪定は3月が良いといいます。イギリスと日本ではちょっと違うようですね。日本では2月中には済ますことが多いですね。


大きな枝は太いロッパーで切り、


比較的細い枝は剪定ばさみで切っていきます。



番組の最後は定番の週末の庭仕事のコーナー


ルバーブの促成・・ルバーブは日本では馴染みの少ない野菜(というかフルーツ扱いされることも)ですが、専用の素焼きのポットをかぶせて成長を促進させていただくようです。


雪をかぶってルバーブも寒そうです。


次はクレマチスの剪定


新枝咲き(遅咲き)の剪定をダイナミックに実演します。


室内の植物の水やりは・・


大事なことは水をやりすぎないこと。一週間に一回程度たっぷりやって、


ソーサーにたまった水は捨てるのが大切、


毎日の水のスプレーもよいが、できれば水道水でなく雨水を使用で


といった具合で最初の放送は終了です。
まだ30分枠ですが、本格的シーズンになるとまた60分枠になると思います。

モンティは『来週もまたロングメドーからお伝えします』と番組を締めくくりました。


いよいよガーデニングシーズンが始まりますね。秋までまた毎週の放送が楽しみです。



今年もYouTubeにさっそくアップしてくれる人がいて、金曜日の夜のイギリスの放送の直後から世界中で見られるようになっています。
(動画は削除されて見られなくなることがあります)

2018年2月7日水曜日

イギリスの剪定ばさみ


剪定ばさみ(Secateur)はガーデナーにとって日常的に使う大事な道具ですが、雑誌ガーデナーズワールド誌ではこの剪定ばさみの商品比較テストを紹介しています。



剪定ばさみには大きく分けて
(1)バイパスタイプ
(2)アンヴィルタイプ
(3)ラチェットタイプ
と、3つのタイプがあるそうです。

それぞれのタイプごとに、
①取扱いやすさ
②切れ味
③メンテナンス
④値段
の4項目について5点満点で評価しています。

その結果が下の写真です。タイプごとになっています。

バイパスタイプが最も多く10商品があり、そのうち3つが購入おすすめに選ばれています。アンヴィルタイプとラチェットタイプは4商品がテストされ、それぞれ1つが選ばれています。
よーく見てみると、20点満点での点数が最も高かったのはNiwaki Okatsune 103という製品で、これは何と岡恒という日本製です!日本の剪定ばさみが最高評価とは驚きましたが、イギリスの有名ガーデナーがこの岡恒を使っているを雑誌やテレビ番組で見たことがあり、納得です。







実は私もずっとこの岡恒を使っています(下)。現在使っているのは使い始めて10年目に入りました。気に入って使い続けています。





2018年1月25日木曜日

野鳥を守るガーデニング


日本でも野鳥は減少傾向で、一部は絶滅が危惧されています。里の鳥のツバメ、ヒバリ、スズメ、水鳥のシギやチドリなどなじみの鳥たちが減少しているそうです。

ガーデナーズワールド誌では英国王立鳥類保護協会のエイドリアン・トーマス氏がイギリスの各地での現状を紹介しています。そして、どうしたら鳥の現状を改善するのを助けられるかも紹介されています。


英国王立鳥類保護協会では毎年、50万人が暖かい一杯のお茶をもって庭に出て庭を訪れる鳥の数をカウントして集計しています。最近の傾向は、ウタツグミ、スズメ、ホシムクドリなどが激減し、ヤマバトやゴシキヒワは少し増えているようです。イギリスのそれぞれの地域で見られる鳥の種類には、周囲の自然環境、庭の広さ、そして気候が影響します。

スコットランド諸島では、コマドリは少数、スズメやホシムクドリは多いそうです。
そのほかの地域についても少ない鳥、多い鳥が紹介されています。



そして、野鳥たちを助ける方法が紹介されています。
ホシムクドリは芝生にいる虫が好きで、芝生には殺虫剤はかけないようにしましょう。
餌箱はいつも洗って清潔に。
スズメにはヒマワリの種と、巣箱を。
シジュウカラの仲間もヒマワリの種が好き。
リンゴの実を残してあげましょう。
バードバスが凍っていたらお湯で溶かしてあげましょう。
などなど・・


庭に鳥がくるとうれしいものですね。鳥たちがたくさん来てくれるようなガーデンにしたいものです。